お問合せ先

新潟県胎内市表町5-25 ​〒959-2631  ㈱水戸部計算センター内

tel/fax (0254)43-3308    E-mail n.nt@utopia.ocn.ne.jp

© NAKAJOU TAINAI ROTALY CLUB. ALL RIGHTS RESERVED

​会長あいさつ

2019-2020年度

​和 をもって、事をなす!(協力しあって良いことをする)

マーク・ダニエル・マローニー2019-2020年度国際ロータリー(RI)会長のテーマは”ROTARY CONNECTS THE WORLD”『ロータリーは世界をつなぐ』です。ロータリーがなければ出会うことのなかった人々、共通の考えを持った人々と手を取合い、私たちの支援を必要とする人々の為に行動を起こす為のつながりを築いてまいりましょうと述べています。国際ロータリー第2560地区 大谷光夫ガバナーは今年度地区方針を、『楽しいロータリーでつながろう』とされました。さらに優先事項①「人々が手を取り合うのを促す」優先事項②「行動する」と目標を掲げられています。

事業目標

行動指針

​「中学1年生の職ナビ事業を通じ、地域を巻き込み大きな輪に」

会員増強

例会の充実(楽しくなる工夫)

友情の和の下、活発な意見交換

クラブ運営の活力になる楽しい親睦活動

一つでも多くの”ありがとうの交換”をつくり出す

​地域にアピールする社会奉仕活動で公共イメージと認知度アップ

会長 布川 邦彦

2018-2019年度

​ロータリアンの人生は、奉仕の基、楽しく楽しくあっぱれに!

第2560地区運営方針のなかで、中条胎内ロータリークラブがクラブ基盤の強化として積極的に取り組む内容は、「会員の維持と増強」「MyRotaryの登録推進」。

人道的奉仕の重点化としては、認知症にやさしい社会、その予防として、車椅子生活のサポート「車椅子トイレマップ」を作成します。そして、地区補助金とグローバル補助金の活用を試みます。

​公共イメージと認知度の向上としては、車椅子トイレマップ完成後は、メディアを通した情報の発信、拡散を図ります。

事業目標

行動指針

​車椅子トイレマップの作成と楽しく新しい親睦活動

会員維持と増強

MyRotaryの登録推進

実りある社会奉仕活動

​公共イメージと認知度の向上

会長 水戸部 幸夫

2017-2018年度

クラブの特徴を活かした進化で 社会奉仕活動を

規定審議会の決定に伴い、今年度より定款及びクラブ細則が変更になりました。 今まで慣れ親しんだ委員会も組織変更により新しい名称に変わり、どのクラブも同じような委員会構成になっているものと思われます。しかしながら私たちのクラブでは、独自に奉仕プロジェクト委員会から社会奉仕委員会を3年委員会として独立させました。これは私たちのクラブが長年培ってきたクラブの特徴であり、先達の思いであると受けとめ力を注ぐ思いでおります。

事業目標

行動指針

​クラブの特徴を活かしたロータリー活動で地域との繋がりを深める

会員増強(2名の純増)
マイロータリーの登録推進
環境保全活動としての植樹

会長 星野 富雄

2016-2017年度

誇りをもってロータリー活動を ロータリーを学び更なる飛躍を

新たなる伝統を築き上げ、未来へ伝える礎の年にしたいと思います。そのためにはロータリーを学び誇りを持って活動を行う事が、我々中条胎内ロータリークラブの飛躍につながると考えます。また、奉仕団体ではなく奉仕する人の団体になるように、会員相互の認識を深めたいと思います。

事業目標

行動指針

奉仕活動を通じて、地域へ貢献し認知度を高める

例会の充実(100%出席者を増やす)
会員増強(3%の純増)
奉仕活動において会長賞をめざす(チャレンジ)

会長 池田 真吾